2014年03月12日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 47 $の勝ち & 映画「マーティ」に関して

今晩は特別に涼しいですね(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン

ということで恋人がいない日が悲しくなってきたりしますヘ( ̄  ̄;ヘ)))。。。フラフラァ

お見合いパーティーにでも行こうかなネェネェ!ヾ( ̄Д ̄;≡; ̄Д ̄)ツ キイテキイテ!

イブに向けての下準備をそろそろさっさとしないとな~(ノ_-。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

近頃映画にハマりまくっているのでレビューを紹介していきたいと燃えております!ψ(`┏Д┓´)ψケケケ

え??お前の感想じゃないのかよ!?
なんて感想は華麗にスルーします(⌒~⌒)ニンマリ


本日は「マーティ」の感想を紹介しようかと思っています!!!(*^m^*) ムフッ


この映画の製作年は1955年です。

監督はデルバート・マンで、脚本がパディ・チャイエフスキーです!!!!ヾ(@゚▽゚@)ノアハハハ_(__)ノ彡☆バンバン!!

この映画の主役はパディ・チャイエフスキー ((原案))です。( ̄-  ̄ ) ンー

純粋なラブストーリーではなく、女に

モテない男の苦悩と葛藤を描いた、

どちらかと言えば、やや人間ドラマに

近い内容の作り。



母親や息子の関係、姑や嫁問題など、

主人公を中心にした結婚絡みのエピソードを

絡めることで、ストーリーに厚みを

出している。



何といっても主演のアーネスト・ボーグナインが

いい。





愛嬌たっぷりの顔立ちと体型ながら、

時おりフッと見せる寂しい顔が印象的で

、役柄にも非常に人間臭さを感じる。

コミカルなシーンはほとんどなく、

真面目なお話なので、後半はやや重苦しさを

感じたが、とても狙い所の面白い作品だった。



ラストはあっさり目、もう少し余韻が

欲しかったかな。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は役牌を説明したいと思います!!!!ヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...


役牌(ヤクハイ)

完成形の中に役牌が刻子・槓子(カンツ)であれば成立します

刻子とは同じ牌が3牌あることです。
自分の手の中にあるなら暗刻、
鳴いているかロン牌なら明刻といいます。


字牌のうち3牌あれば白,発,中は無条件で役牌です。
東,南,西,北は場風か自風の時に役牌となります。

南場なら全プレイヤーの南が場風となり役牌です。
南家の時、北は自風となり役牌です。


東場で東家、南場で南家の際、
それぞれ風牌の刻子で役牌が重複するため2翻となります。


この2翻を、ダブトンとダブナンと言います。

計算時の読み方は「ヒトヤク」、二つあったら「ヤクヤク、フタヤク」と表現することもあります。

鳴いても成立します。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀のブログ


DORA麻雀は違法!?

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ「(゚~゚o)ウゥーン


この辺りで!
今日は鼻が痛いなあ
お休み!( ゚o゚ )オ(゚▽゚)ヤ( ゚・゚ )ス(゚━゚)/~ミー



おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 18:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。