2014年03月21日

映画「白痴(1951)」のレビュー & DORA麻雀の役「清一色」

先月受けた検査の診断結果が戻ってきたんですね~щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

その結果はというと
どこも異常無し(o^-^o) ウフッ

いや~助かった
ここんとこ、散歩月1でしてるご褒美だろうか?ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

今後も継続しよアハハ!!(~▽~*)/≡クルッヽ( )ノギャハハ!!≡クルッ(*_ _)/バンバン!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

近頃映画大好きーな感じなのでレビューを紹介していきたいと考えています。´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ

え!?テメエの紹介文ではないの??
なんて感想はスルーでd=(´▽`)=b ィェーィ♪


本日は「白痴(1951)」の感想について紹介しようかと思っています!(-L-)ククク


この映画の製作年は1951年です!!

監督は黒澤明で、脚本が久板栄二郎と黒澤明です!!!ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

この映画のメインは、那須妙子演じる原節子です!(━_━)ゝウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、森雅之 (亀田欽司)、三船敏郎 (赤間伝吉)、久我美子 (大野綾子)、志村喬 (大野)、東山千栄子 (里子)、柳永二郎 (東畑)、千秋実 (香山睦郎)、千石規子 (孝子)、高堂国典 (順平)って感じですねd( ̄◇ ̄)b グッ♪

ドストエフスキーの原作が、重い、奥深いのは

充分わかったが、私の見たい「映画」で

はなかった。



 小説は、作者の信条、心理、訴えたいことを

、読む側が文章から深く読み取り、

噛み砕き、自分の感性と対比させて吸い取ることで

成り立つ、すなわち読者が積極的に

理解するものであるのに対して、映画は

、監督が見せたい物を映像と音を使って観る側に

送り込むことで成り立つ、すなわち観客が

受動的に感性で受け入れるものであると思って、

私自身それぞれ楽しんでいる。





 監督は、この重い、深いテーマを

、映像、役者の演技を使って見せたかったのだろうが

、「映画」を楽しみたいのに、監督の映像、

役者の演技が凄い分、原作の重いテーマを

無理やり押し込まれた感じで、小説を

解説付きで読まされた感が拭えない。



 テーマがもう少し単純で明快な小説だったら、

映画として監督の押し付けがあっても、

小説が単なる原案で、それを監督が

「映画」としてオリジナルの作品を

作ったという形態となって、違和感は

なかったかもしれない。





 しかし、この作品のテーマはあまりに

重く、深すぎた。



重い、深いことが充分に伝わる監督の映画的手腕、

役者の演技が凄い故に、原作のテーマの重さ、

深さを無理に映像で送り込まれるような違和感を

感じてしまう。



 文学作品としては、きっとすごい映画なのだろうが

、「映画」そのものを楽しみたい私に

は、この映画は辛い。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!!!!☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!


清一色(チンイツ)というのは良くねらってみたくなる役の一つですよ。
ここでは、先輩役の小栗と生徒役の杉原のお二人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6翻→5ハンに下がる
・捨牌が片寄るため相手に読珍しいやすい
・多面待ちになるんですので初心者泣かせの役
・面前(めんぜん)のチンイツは「タテチン」「メンチン」などと呼ばれるヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


小栗『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になります際も多いです。

面前(メンゼン)で6ハン、ポン・チーしても5翻と高得点ですが…ヽ(● ´ ー ` ●)/
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


杉原『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


小栗『この時の当たり牌は8種類


12345678


僕ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

2011年に始まったオンライン賭け麻雀サイト:ドラ麻雀などのネット麻雀では絶対に時間制限があるのです。

リアル麻雀でも目の前に人がいるから焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですよ。


特に自分のすべての当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるので注意してください。

アガれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた際とかですよ。

ネット麻雀ではロンできますボタンが押せないから大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもしないんだ牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるのみだと思います。

索子(ソーズ)一種類だけでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで簡易にプレー可能ですため練習したい人はやってみてください。

それから人間の時は「ブレーキが効かない」のも清一色(チンイツ)の弱点かもしれません。』


杉原『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


小栗『非常に難易度の高い高得点の役ですから魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしてもあがりたい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされてしまうということになる。

確かに高得点なのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまって清一色(チンイツ)の手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。…c(゚^ ゚ ;)ウーン



DORA麻雀の2chまとめ

この辺りで!
しっかし今日は頭が痛いなあ
さよなら~お(^o^) や(^O^) す(^。^) みぃ(^-^)ノ゙

DORA麻雀のレートは?




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 23:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「桜並木の満開の下に」について & DORA麻雀の役「対々和」

今日の朝は特別に肌寒い。。('0')/ハイ!

ということで愛する人がいない日々が悲しくなりますヽ(´▽`;)/====3=3=3 ウヘヘーン♪

街コンに誰か誘って~(* ̄o ̄)r オイデー

イブに向けての準備もしないとヤバイしな~(*^o^*)/~ バイ (*^-^*)/~バイ (*^▽^*)/~ マタネッ♪

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

最近映画にハマっているので映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!

はい!?あなたの紹介文じゃないのかよ!?
なんて突っ込みはスルー||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?


今回は「桜並木の満開の下に」の感想について紹介しようかと思っていますクルクル ( )(= )( ̄= )(∇ ̄= )( ̄∇ ̄=)(= ̄∇ ̄=)v ニィ♪


この映画でメインで出てくる人は臼田あさ美 (佐生栞)と三浦貴大 (森工)です!!!(~ヘ~;)ウーン

この映画の他の俳優さんを列挙すると、高橋洋[俳優]、松本まりか、三浦力、小澤雄志、テイ龍進、張天翔、柳憂怜、諏訪太朗ってな感じ。川 ̄∠ ̄川 フフフ

せっかくの役者が可哀想だった。
脚本も場面展開も、私には稚拙に見えてしまった。
見ていて、イライラの連続だったし、要するに、私とは相性の悪い映画だったわけだ。
よほど途中で出て来ようかと思ったが、たまたま土地勘のある街を舞台にした映画だったのでなんとか踏みとどまった。

一箇所だけ、位置関係のおかしな場面があった。日立市を舞台にしていながら、最寄りの駅が日立市以外。
もちろん、映画はフィクションだからどのような設定でもかまわないし、そのような枝葉にひっかることはないのだが、それに、明確に日立と言っていないのだから、許されるのだろうけれど、きっと地元の人間が見たらすごく違和感があるはずだと思う。
どうしてここでこの駅なのかと。

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ウキャキャ♪ヽ┤゚◇゚ ├ノヽ┤ ゚◇゚├ノ ウキャキャ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は対々和を説明したいと思います!!!!うふふっ(*゚v゚*)


刻子だけで役を作ると、三暗刻(サンアンコ)や四暗刻(スーアンコー)などの大きな手に発展します。

何せ同じ牌ばかりを3枚集めて、それを3つも4つも作るのですから、
その難易度はとても高くなる。


しかし、ポンによって他のプレイヤーの捨テ牌を使えば、
比較的明白に刻子(コウツ)だけの役を作ることが出来ます

そうしてできた役が、対々和(といといほー)です。


なお、シャンポン待ちで四暗刻(すーあんこー)を聴牌している時、
ツモれば四暗刻(すーあんこ)成立で役満ですが、
出和了りだと三暗刻(サンアンコー)と対々和の同時成立で満貫となるんです。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和は鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・


本日はこの辺で!
しかし
お休み!(≧○≦)お(≧◇≦)や(≧o≦)す(≧▽≦)ノみ♪

DORA麻雀の面白さ




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 16:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 130 $の負け & 映画「ニューオーリンズ・トライアル」のレビュー

昨日は特別に暑かったですね。(*'-')b OK!

秋と言えばサンマが旬ですね(+o+(○=( ̄ヘ ̄)=○)*゚0゚) ダブルパーンチ!!

サンマに合わせる食べ物と言えばナスの鍋シギですね( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ


プラス軽く「天寶一」を飲むと最高†_(@`´@)βウッケッケ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と燃えております!!!(⌒-⌒)ニコニコ...
とは言ってもヤフーにある感想ですがV(○⌒∇⌒○) ルンルン


今日は「ニューオーリンズ・トライアル」の感想を紹介したいと思っています( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ


この映画が作られた年は2003年です!!

監督はゲイリー・フレダーで、脚本がブライアン・コッペルマン、デヴィッド・レヴィーンです!!ばんばんっ!┃ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!

この映画の主役はジョン・キューザック (ニック・イースター)です。(ーー;).。oO(想像中)

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ジョン・キューザック (ニック・イースター)、ジーン・ハックマン (ランキン・フィッチ)、ダスティン・ホフマン (ウェンドール・ローア)、レイチェル・ワイズ (マーリー)、ブルース・デイヴィソン (ダーウッド・ケーブル)、ブルース・マッギル (ハーキン判事)、ジェレミー・ピヴェン (ローレンス・グリーン)、ニック・サーシー (ドイル)、クリフ・カーティス (フランク)、ジェニファー・ビールス (ヴァネッサ)って感じですね。('-'*)エヘ

普通の裁判映画なら「原告側の弁護士vs被告側の弁護士」なのに

この映画は「被告側の弁護士vs陪審員」で

すかね。





非常に珍しくさらにそれに原告側の弁護士が

絡んでくるというこの面白さ。

おまけにアカデミー賞俳優が2人に

マルチ俳優のジョン・キューザック!こりゃ面白くないわけが

ありません。



いやぁー、ジョン・グリシャムは本を

書くごとに面白くなってる・・・っていうか原作と話が

殆ど違うからあんまり関係ないか。



でも、現代のアメリカ情勢においてこういうことが

いつ起こってもおかしくないということを

この映画で示してくれたかなぁ思います。



ゲイリー・フレダーも「コレクター」の頃は

ひよっ子だったのに「サウンド・オブ・サイレンス」や「クローン」と地味なが

らイイ映画を作ってきたけど、やっとこの映画で

華が咲いたかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~。ウキャキ☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は混一色を説明したいと思います。( ̄皿 ̄)うしししし♪


字牌と一色だけの面子(メンツ)で成立する。

字牌を含まないと、清一色という6翻役になります((((((( ‥)ノ |EXIT|


鳴くと3割程度の確率で付属する非常に重要な役ですキャッ(/ω\*))((*/ωヽ)キャッ

通常、他の色は使えないため、捨て牌が他の2色になりやすいため
相手に役が見破られやすいです。


その反面、相手が好きに捨てづらくなるというメリットもあるのです((o(б_б;)o))ドキドキ
鳴いても成立し、食い下がり2翻役です。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

混一色(出現割合:6.31%)
変化からの手としても初めは見るものの、最終的には狙っていかないと作れない混一色。
赤ドラが無いDORA麻雀では早く火力の高い手を作るのに魅力的で、それでいて役牌やドラが絡めば鳴き有りでも満貫が見える手。
染める色は捨て牌からどうしても特定されやすいのは避けられないが、こちらも一撃で勝負を決める手になる場合もシバシバ。トップを狙いに行く時には是非頼りたい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じo(´^`)o ウー


今晩はこの辺で
今日は何故か手が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさいオ(^o^*)ヤ(*^O^)ス(*^^*)ミー(*^-^)ノフリフリ

DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 07:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。