2014年04月13日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 16 $の勝ち & 映画「うつせみ」について

今日は12時から小雨ですわ(ノヘ;)シクシクシクシク..

天気がわるいならシンドいな~~щ(´□`)щ オーマイガーッ!!

彼女との約束があるんだよね(/_<。)ビェェン
まあ、いっか~♪
キャンセルキャンセル《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~

■□■□■□■□■□■□■□■□

ここのところ映画命な感じなので映画の感想をご紹介したいと思います。:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

は?あんたの紹介文は??
というツッコミはスルーでわぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


今日は「うつせみ」の感想について紹介しようかと思っています!!!!ナイス ( ̄一* ̄)b


この映画が作られた年は2004年です

監督はキム・ギドク〔1960年生〕で、脚本がキム・ギドク〔1960年生〕です!!(゚m゚*)プッ

この映画のメインは、ジェヒ (テソク)です!!( ̄へ ̄|||) ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、イ・スンヨン (ソナ)、クォン・ヒョコ (ミンギュ ソナの夫)、イ・ジュソク (老人の息子)、イ・ミスク (老人の息子の嫁)、パク・チア (チア)、チェ・ジョンホ (看守)、チュ・ジンモ〔男優・1958年生〕 (チョ刑事)ってな感じ((┗┓( ̄∀ ̄)┏┛))ウッシャッシャッシャッ

テレビの映画紹介で見た時には、留守宅に

忍び込む話っていう部分ばかりがクローズアップされていたので

、そこが主軸となって展開する物語なのかな、

と思っていましたが、実際はもっと不思議で

ヘンな映画でした。



この監督の作品を見るのはまだこれが

二作目なのですが、やっぱりかなりブッ飛んだ人なのかな? メイン二人が

最後の方まで話さず、ヒロインがラストで

二言だけ。



物語は波乱に富んでいて、どういう方向に

進むのやら皆目見当が付かず。

断片的に見えてきたかな?って思ったのは

家族って存在の不確実さ、ひとつの空間に

一緒に存在する事の意味・・・だけども、

ラストのクレジットでそれもまた、

ん?違った?みたいな。



家族の作り出した形跡の中だけに存在する状態から、

家族の中にいないけれどいる存在、

家族の中の0.5人としての存在へと変わってゆくことで

、彼自身の内面に変化が訪れたのか?って考えると、

存在証明を残すあたりは変わってないんで

ないの?とも思えるし、半透明な存在(生と死の中間に

位置するような)でいる事を彼は目指しているのかな?なんて思ったり。

彼にとっては車の事故の一件が転機に

なってたりするんじゃないかなぁ、

なんて考えたり。

明確に存在してしまう事で罪を犯す、

みたいな。



まー、あまりに深くて私のアタマじゃ理解の限界越えちゃってます。





こんなところでひとつ、ごめんなさい。



■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(*^∇゚)oC□☆□Do(゚∇^*)ノ カンパーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!!(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!


清一色というのは良くねらってみたくなる役の一つです。
ここでは、師範役の三沢と生徒役の原口の二人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6ハン→5ハンに下がる
・捨牌が片寄るので相手に読まれやすい
・多面待ちになりますから初心者泣かせの役
・門前のチンイツは「タテチン」「メンチン」などと呼ばれる、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)


三沢『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になる際も多いです。

門前(めんぜん)で6翻、ポン・チーしても5ハンと高得点ですが…ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


原口『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


三沢『この場合の当たり牌は8種類


12345678


ミーならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

オンラインカジノができるドラ麻雀などのネット麻雀では絶対に時間制限があります。

リアル麻雀でも目の前に人がいるから焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですよ。


特に自分の例外なくの当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるため注意してください。

あがれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた時とかです。

ネット麻雀ではロン可能ですボタンが押せないから大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもすることがない牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いため練習あるのみだと思います。

索子一種類のみでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで明白にプレーできますので練習したい人はやってみてください。

それから人間の際は「ブレーキが効かない」のもチンイツの弱点かもしれません。』


原口『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


三沢『非常に難易度の高い高得点の役だから魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしてもあがりたい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされちゃうということになるんです。

確かに高得点ですからリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまって清一色の手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の場代

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(´-`) ンー



DORA麻雀のやり方

明日はついに中学の時の塾の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかなO(≧∇≦)O イエイ!!



おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 19:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。