2014年03月23日

映画「理由なき反抗」の感想 & DORA麻雀の役「二盃口」

今日のズームイン!!ではかなり良い結果だったため
今日は新しいことに挑むべきか。。
ここ最近、ダンス(軽い)を慣習にしてみようかと考えてるんですよね(≡^∇^≡)ニャハハ
しかしながら、始めてみようと腰を上げると様々なものを買いに行かないとダメなんだよな。・・・(゚_゚i)タラー・・・
あ~。。面倒だなヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと思いますヾ(@^(∞)^@)ノわはは
ってヤフーにある感想ですがギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦((ヾ(≧∇≦)〃))≧∇)ノ彡☆バンバン!!


今日は「理由なき反抗」の感想について紹介しようかと思っています。ヾ(゚Д゚)ノ ウケケケ・・ケーッケケケケケ


この映画が作られた年は1955年です!!!

この映画のメインは、ジェームズ・ディーン (ジム・スターク)です!!(・へ・;;)うーむ・・・・

この映画の俳優さんは、ジェームズ・ディーン、ナタリー・ウッド、サル・ミネオ、デニス・ホッパー、ニック・アダムス、ウィリアム・ホッパーってな感じ。( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )

自分もこの映画の初見はテレビ放映で

す。



どうしてジム(J・ディーン)にどんぐりまなこのプラートウ(サル・ミネオ)が

、あんなにしつこくまとわりつくのかよく判らないって思いました。



↓トナカイさんも書いておられますが

、ジムとジュディ(ナタリー・ウッド)は

二人っきりになりたいんだって、邪魔しないで

空気読めよ~って。



彼のあの一連の行動は、友情の延長線上に

存在した精一杯の愛情表現だったんで

すね。



この映画の脚本家自身が証言している事なので

間違いないと思います。



もちろん当時としては、ほのめかしの描写に

とどまっていますが、ロッカーに貼ってあるプロマイドや、

その他のシーンにも彼がゲイであるっていう描写や台詞を

散りばめたそうです。主役のジムに

とっては父親に対する鬱積した感情のみの「理由なき反抗」で

も、プラートウにとっては「ちゃんと理由有る反抗」だったんだなあって。



だけど、なんだかんだ言って一番記憶に

残るシーンは、チキンレースのスタート時、

ナタリー・ウッドのスカートがふわっとめくれ上が

った後駆け出すシーンだったりする・・・。







□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は二盃口に焦点を当てたいと思います!!щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ


三ハン役。一盃口が二つで二盃口(リャンペーコー)である。
一一二二三三556677中中といった形。

一見トイツが七つで七対子(25符2ハン)が成立しそうに見えるが、
高点取りの原則に基づきこちら(20~40符3ハン)が成立するんですね。

普通ながら面前限定で成立する役ですね。


なかなかお目にかかれないレア役であり、
過去に麻雀格闘倶楽部が和了り役のデータを集計した場合には、
一般役の中で三槓子(カンコ)に次いで二番目にアガリ回数が少ない役だった。

それどころか、四暗刻(スーアンコ)・国士無双(コクシムソウ)・大三元といった割とあがりやすい役満役と
同レベルのホーラ回数となっている 。でも三翻役。


狙い方としては一盃口(イーペーコー)と雀頭を確定させた状態で56677と両面待ちで構えるのがベターか。

雀頭が役牌でなければ同時に平和(ピンフ)が成り立ちます
(ロン30符4ハン(7700/11600or満貫)、ツモ満貫)。


立直と合わせれば満貫も狙える役なのですけど、
安目を引いてしまうとイーペーコウしか成立せず得点が暴落してしまう。

難易度の割には実入りが少ないと言わざるを得ない。

なおピンズの2~8を二枚ずつ集めて作った二盃口(リャンペーコー)を大車輪と呼んで
役満扱いするローカルルールが存在する。

もっともローカルルールがなくても、確実に断公九・平和・二盃口(リャンペーコー)・
清一色の複合で11ハンとなり三倍満以上確定、リーチ(立直)やツモ・ドラが
乗れば数え役満成立というレベルですので、それほど威力が変わるわけではない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ・・・( ̄  ̄;) うーん


本日はこの辺で!
今日は何故か手が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っとオヤスミ (*~¬~*)/。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 21:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。