2014年04月01日

映画「アパートメント(1996)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 39 $の負け

レンタル畑には未だにルッコラがねばっています♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪
そしてむかごを植えようと、
現在鉢にとうがんを育てていて今はかなり育ってきましたo((=゚ェ^=))o''ワクワク♪

来週から植えるつもりです=^-^=うふっ♪

早く来ないかな~(*^o^*)ドキドキ(*゚O゚*)バクバク

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最近映画命な感じなのでオススメ映画の感想をご紹介したいと思います!(T▽T)アハハ!

ってテメエの感想じゃないのかよ!?
って突っ込みは華麗にスルーします(T▽T)アハハ!


今日は「アパートメント(1996)」の感想について紹介しようかと思っています!!o(>▽▽<)oキャハハ


この映画の製作年は1996年です!!!

監督はジル・ミモーニで、脚本がジル・ミモーニです!!!キャハキャハ!!(^Q^)/゙

この映画の主役はロマーヌ・ボーランジェ (アリス)やヴァンサン・カッセル (マックス)です!?c(゚.゚*)エート。。。

取り敢えず、この映画の俳優さんは、ロマーヌ・ボーランジェ、ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、ジャン=フィリップ・エコフェ、サンドリーヌ・キベルランってな感じ。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

すごく良く脚本が作りこまれてるし、

回想も絶妙。





王道的な恋愛を一切排除してて、永遠の愛・・・的なキナ臭い事を

なくす分、紛れも無くサスペンスな展開の仕方で

魅せてて、すごく映画的に仕上がってた。



恋愛の中で盲目となってしまう本人を

よそに、思いもよらない感情を抱き事情を

持っている相手という部分が怖い怖い、

ああ怖い。



時間とともに移ろってしまう想いや、

移ろわない想い。



本人にしか分からない地点で、個々のベクトルは

変化して、思いもよらん所で足引っ張られたり、

悲劇的な結果を生む。



あと、靴をプレゼントするシーンや、

溝に捨てた鍵を取り戻そうとするシーンは

印象的。



異色な作品でした。



 最後の最後まで多方面から足引っ張られ続けたモニカ・ベルッチ・・・ドンマイ。







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~y( ̄ー ̄)yピースピース
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清一色を説明したいと思いますU=^▽^)キャッキャッキャッ


喰い下がりありの六翻役(鳴けば五ハン)。
手牌14枚を例外なく一色に染め上げる至高の役。


その見た目の美しさと、役満を除いた全部の役の中で一番高い翻数を持つ
打点の高さは病みつきになるほど……

ですけど、それ相応にあがりにくく、リスクも高い┃竹林┃_●) チラッ

まず、同じ色の牌が14枚も必要になるんですので、
配牌の場合点でよほど偏っていなければ厳しい。

清一色を狙える配牌を引き当てても、
往々にして「万子だけ一切捨てられていない」と言うような河になるから、
チンイツ狙いがすぐバレて警戒の対象になりやすい。


特に、数牌の4~6などの、本来なら使い勝手が一番良く最後まで残されるはずの牌を
序盤から切っているとなおさらすぐバレるので、
鳴き・出和了りはあまり期待できません**(/▽/)**ハズカシ


また、一色で染まるということは構成が複雑になるんですことも意味する。

清一色(チンイツ)でない、異なります色の数牌を使う普通の平和などの手や、
清一色(チンイツ)でもいくつも鳴いた手では、どの牌がどの面子に属しているのかは容易に判別出来る。

だが、門前のチンイツだと1つの牌が他の色んな牌と面子(メンツ)を組める状態になるから、
待ちが3面張は当然、多ければ5面張以上にもなるんです事がある。

うっかり誤立直・誤ロンしないんだように細心の注意を払わなくてはなりません┌( ^-^)ノ  \(^-^ ) こっちだよ


なお、九蓮宝燈は清一色の上位に位置する役で、
111・2~8・999+何かという形でしょう。また、ローカル役の大車輪は認められない場合、
断公九(タンヤオ)・平和・二盃口(リャンペーコー)・チンイツの11ハン役となる(-"-;A ...アセアセ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


今から11時間後にはついに河合の友だちとの麻雀です。
楽しみだうふふっ(*゚v゚*)



おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 22:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。