2014年04月04日

DORA麻雀の役「一盃口」 & 映画「ぼくは怖くない」のレビュー

う~ん。まずい!太ってkita(/_;)しくしく
ダイエットを始めないと・・

この間、ヘルシア 特定保健用食品 トクホを大学1年生の時の友達にオススメされたんで
試してみようかな川*'-')フフ♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここんとこ映画にぞっこんLOVEなのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えています。[壁]・m・) プププ

は?あんたの紹介文じゃないの?
という感想はスルー≧(´▽`)≦アハハハ


今回は「ぼくは怖くない」の感想について紹介しようかと思っていますオテヲハイシャク!ヽ(  ̄∇)ノヨォ~( ̄人 ̄)パパ!( ̄人 ̄)パン!( ̄人 ̄)パン!


この映画が作られた年は2003年です!!!!

監督はガブリエレ・サルヴァトレスで、脚本がニコロ・アンマニーティです(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ

この映画の主役はジュゼッペ・クリスティアーノ (ミケーレ)とマッティーア・ディ・ピエッロ (フィリッポ)です!!!(゚-゚;)ウーン

物語の始まりは牧歌的な風景、楽しそうに

遊ぶ子供たち、暖かい共同体としての小さな村。



主人公のマケーレが穴をのぞいてしまってから舞台は

大きくその様相を変える。



その変化の表現が見事である。

それまで安心できる広大な草原や村、

家という存在が急に不安の象徴となる。



それまでボーっと眺めていた観る側が

ハラハラ感、不安感を常に持ってのめりこむように

なる、という仕組みである。



もちろん飽きさせない装置(少年たちの交流、

友人の裏切りなど)も満載である。



本作は、誘拐事件を常とは異なる視点から切り込み、

その中で少年の勇気、成長を描ききった快作といえる。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~。( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は一盃口を説明したいと思います!!!!( `ι´;)ククク


数牌の順子同じものを2つ作ると"一盃口(イーペイコウ)"という役になります。
ポン・チー・明槓をした場合は成立しません。


例1:7萬 8萬 9萬5萬 6萬 7萬6筒 7筒 8筒1s 1s 1s西
例2:5s 6s 7s③筒 ④筒 ⑤筒③筒 ④筒 ⑤筒⑦筒 ⑨筒白白
例3:②筒②筒③筒③筒④筒 ⑨筒 ⑨筒 ⑨筒6筒 7筒 8筒發發


複合役:平和(ピンフ)・断公九・混一色(コンイツ)・チンイツなど

※例3は①筒でも和了りとなる形になるため一盃口が確定とならず、
先付け以上のルールにおいて、他に確定役がないと上がることができない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。エートォ (・o・) エートォ


今から8時間後にはついに待ちに待った大学1年生の友だちとの麻雀だ。
早く来ないかな(='m')くすくすっ♪

dora麻雀 詐欺




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 18:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。