2014年04月07日

映画「サーカス(1928)」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 101 $の勝ち

一昨日は豪雨でしたなイヤーーー!!! ダダダッε=ε=εε=ε=ε=( ┯_┯)

雨が降ったおかげで汚れた服がたくさん溜まってもうたからな~ε=ε=ε=ε=ε=(o  ̄ー ̄)oブーン

今日は洗濯しようどばーっ (┬┬_┬┬)
それと心の洗浄もするか~~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄────☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)キラーン

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと思います!v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!
とは言ってもヤフーにある感想ですがκ(`・´)κケケケケ♪


今回は「サーカス(1928)」の感想を紹介しようかと思っています!!!!( ̄ー+ ̄)


この映画の製作年は1928年です。

監督はチャールズ・チャップリンで、脚本がチャールズ・チャップリンです!!アハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

この映画でメインで出てくる人はチャールズ・チャップリン (放浪者)やマーナ・ケネディ (座長の継娘マーナ)です!( ̄ヘ ̄;)ウーン

取り敢えず、この映画の俳優さんは、チャールズ・チャップリン、マーナ・ケネディ、ハリー・クロッカー、ヘンリー・バーグマン、アラン・ガルシアって感じですね。ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ

チャップリンの運動神経のすごさにあらためて感心する。



はじめは命綱をつけてるけど途中で

とれてしまう。



あれは本当に命がけで実演してる。



しかも何度も何度も納得のいく絵が

撮れるまで繰り返したという。



そう知ってから見ると、可笑しいところなのに

あまりの凄さに笑うどころでなくなってしまった。





あのサル達が絡んでくるところなんぞ、

もうハラハラ・・ライオンの檻の中のシーンだって危険だよ~、

それだけじゃない、ここのチャップリンは

寅さんみたいに自分の恋を諦めて、

二人のために尽力する人情話もある。



とにかくこの映画、本当に凄いです。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~。(*゚▽゚*)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は地和を説明したいと思います!!!キャハキャハ!!(^Q^)/゙



親が配牌の段階で上がるのが天和(テンホウ)というのに対し、
子が配牌で聴牌になっていて第1自摸で上がることができれば、こちらは地和です。

親が天で、子が地という粋なネーミングですが、どちらも役満です((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))


こちらについては子の役満ですので、親が1万6000点の支払い、
子はそれぞれ8000点ずつの支払いとなる(;´Д`)y─┛~~
第1ツモで役満をやられてはたまりませんが、
実際にこれが発生する確率は非常に低く、長い麻雀人生においてもまず見ることはありませんアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地和(出現割合:0.00158%)
子の場合のみ、第一ツモで上がるときの役満。
天和/地和はまず出ない、と思われがちだが、天和よりは全然出現率は高い。
とはいえ、その数字自体の分母が圧倒的に低い運100%の役満なので、いつか出ることを祈って打つぐらいで良いだろう。人生で一度くらいはお目にかかりたい役満の一つだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今から13時間後には待ち焦がれた小学4年生の友だちとの麻雀だ。
早く来ないかなクルクル ( )(= )( ̄= )(∇ ̄= )( ̄∇ ̄=)(= ̄∇ ̄=)v ニィ♪

DORA麻雀を楽しむ方法




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 18:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。