2014年04月08日

映画「ゴースト・ハンターズ」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 80 $の勝ち

この前、検査の診断結果が戻ってきたヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪

その結果はというと
問題なし川 ̄ー ̄)ロンゲニヤリ

いや~マジ問題無くてよかった
ここのところ、ジョギングをやるようにしてるご褒美かな?( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ

来月からも続けよっと('▽'*)ニパッ♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここんとこ映画命な感じなので映画のレビューを紹介していきたいと燃えております!!!ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

って自分の紹介文じゃないの?
という突っ込みは華麗にスルーしますo(*^▽^*)oあはっ♪


今日は「ゴースト・ハンターズ」の感想について紹介しようかと思っています!!!!《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~


この映画が作られた年は1986年です。

監督はジョン・カーペンターで、脚本がW・D・リクターです!!!!柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ

この映画のメインは何と言っても!!!カート・ラッセル (ジャック・バートン)です。

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
カート・ラッセル (ジャック・バートン)、キム・キャトラル (グレーシー・ロウ)、デニス・ダン (ワン・チー)、ジェームズ・ホン (デビッド・ロウ・パン)、ケイト・バートン[女優] (マーゴ)、ヴィクター・ウォン[男優] (エッグ・シェン)、カーター・ワン (サンダー)って感じですね。v(。・ω・。)ィェィ♪

題名から解る通り、底なしのB級以外の何物で

もありません。



しかし、だからつまらないというのは

間違いです。



作りようによってはホラーになった作品を

、初めからコメディー路線で描いているので

、なまじっけななホラーを見ていて肩透かしを

食らうようなことがなく、最後まで

面白く見られる。



出てくるキャラクターも個性的で、

主演のカート・ラッセルよりもその相棒(なぜかクンフーの使い手で

強い)の方が明らかにおいしいような気が

するのもまたB級の味。



そう、こんなのもあり、これだから面白い。



しかも、主要キャラは誰も死なないというこれまたグッドなつくり!こういう映画大好きで

す。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は純チャンを説明したいと思います!!!!(≡ ̄ー ̄≡)ニヤドラ


純全帯公九(純チャン)というのは最近出てこない役の一つですよ。
ここでは、師匠役の久保田と生徒役の谷村の二人に出てきてもらいましょう。



・ことごとくのメンツに1・9が絡んでいる(混全帯公九(チャンタ)の字牌なし)
・チー・ポン・ミンカンすると3ハン→2翻に下がる
・チャンタとほぼ同じ 捨牌から手を読まれやすい

    

久保田『混全帯公九」の字牌なしだと思えば簡単です。
「純チャン(ジュンチャン)」の「ジュン」は漢字で「純粋の純」ですから、
字牌が混じっていないと覚えるのがいいです。
ただ、作るのはこっちのほうが難しいです・・・(゚_゚i)タラー・・・』

谷村『ポンやチーをすると点数が3ハンから2ハンに下がるわけか…』

久保田『混全帯公九と純チャン(ジュンチャン)の両方にいえることですが、
非常に弱点も多い役ですから、戦略的な部分も紹介しましょう。

まず混全帯公九(チャンタ)/純全帯公九を狙おうと思えば使いやすいといったものを捨てないといけません。

本来は手に残す牌を序盤から捨てますため、
捨牌がものすごく偏るのは弱点ですよ。

相手に混全帯公九、純全帯公九を狙っているのがまずばれると思ってください。

それにこの手をあがろうと思えば、
中盤以降になっても真ん中「4」「5」「6」あたりの危険牌でも捨てなければいけません。

ロンされる確率も高いので注意が必要です。そういった意味で難しいです。

プラスして、最後のほうにやといった、ピンポイントで引いてこないといけない、
両面待ちにできない難しい待ちが残る傾向が高いんで、
この意味でも難しく不利な部分も大きいです。』

谷村『ポンやチーせずに埋めるのは難しいのか…。けど、ポンやチーすると点数が下がるんですよねヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ』


久保田『ポン・チーしての混全帯公九(チャンタ)とか難しいわりには1ハンしかありません…
難易度と点数のバランスがちょっと悪いです。

近年は特になど「5」を持っているだけで1翻のドラになるんです赤入り麻雀の影響もあって、
役の難易度のわりには点数として報われない感じがしますね。

混全帯公九(ちゃんた)・純全帯公九手では、この赤ドラが使えません…。』


谷村『ポン・チーしてチャンタ作るのとを1枚持ってるのが同じ点数なんだな。

だったら真ん中の数字使えなくなるリスクを払ってまで無理に狙う必要もなさそうだよな。』


久保田『そういったイメージもあるのです。
制限されることが多いわりに点数低いみたいな…。

さらに途中で他の役に変化させようと思っても難しいんですよね。

ポン、チーしてチャンタや純チャンを狙うと、もう和了するルートはそこしか残らないみたいな。


あたりがドラだった場合も、わざわざドラを諦めてまで狙うなら、
もうドラを持ってるだけでいいんじゃね? みたいな。危険も多いですしね。

赤ドラなしの麻雀では意外に存在感を発揮します。

そろった手の形は美しく、ビシっと決まればかっこいいので、ファンも多い役ではあるんですけどね。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(ーー;).。oO(想像中)



ドラ麻雀での出金だにゃん

今から8時間後にはついに待ち焦がれた駿台予備校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~(▼-▼*) エヘ♪



おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 17:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。