2014年04月20日

映画「男たちの挽歌」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 94 $の勝ち

3日前健康診断の結果が戻ってきてしまった。。\(o⌒∇⌒o)/

その結果はというと
全て健康(^_-)vブイブイッ

いや~問題無しで良かった。
最近、卓球を週2回してる成果かな?♪ヒャッホーイ♪.・・ヘ(= ̄∇ ̄)ノ

明日からも継続しよ((アイソワライ…))○o。(; ゚∇゚)ノ_彡☆バンバン

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と燃えております!!(= ̄∇ ̄=) ニィ
ってyahooレビューに載ってる感想ですがイエーイ(∇^*d)(b*^∇)イエーイ


今日は「男たちの挽歌」の感想ですね!!!\(-___________-;)/ワーイ??


この映画が作られた年は1986年です!!!!

監督はジョン・ウーで、脚本がジョン・ウーです!ヾ(=^▽^=)ノ

この映画のメインは何と言っても!!!ティ・ロン (ホー)やレスリー・チャン (キット)です。…c(゚^ ゚ ;)ウーン

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、チョウ・ユンファ (マーク)、リー・チーホン (シン)、ケネス・ツァン (キン)、エミリー・チュウ (ジャッキー)、ティエン・ファン (ホーとキットの父)、ジョン・ウー (ウー部長)、シン・フィオン (敵組織の部下)ってな感じヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ!

素晴らしい銃撃戦だったな。



ユンファがサブマシンガン使うのは

珍しいかもしれない、いつもベレッタ2丁で

何発も撃っているんだがな…ティ・ロン感じのいい叔父さんだな、

凄い弟をもったもんだ。

最後マークが死ぬのは何だか予想外だったな。





しかし迫力満点で男の美学の感じられる作品だった…。



個人的には「男たちの挽歌Ⅱ」のほうが

好きだ…迫力あって。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~。( ̄ー+ ̄)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は槍槓に焦点を当てたいと思います!(`∇´ )にょほほほ


他の人が加槓した場合、その牌が自分ののあがり牌であった際
には「ロン」することができ、この場合槍槓(チャンカン)という役が成立するんだ('-'*)フフ

1飜

あなたの手が、
6萬 7萬 8萬6索 7索 8索⑥筒 ⑦筒 ⑧筒3萬 5萬8索8索


とすると、嵌張待ちになっていますね。


この時、他の誰かがすでに待ち牌をポンしていたとします。

あなたの待ち牌はすでに3枚使われているわけですから、
残り1牌しかありませんよねσ(^_^;)アセアセ...


そこで、その相手がさらにを引いてきて、カンをしたとします。


本来なら当たり牌をオール使われてしまったため、
あなたは和了することはできないが、
ここであなたは「ロン」が可能なのです!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

槍槓(出現割合:0.05%)
他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(・・*)。。oO(想像中)


今から7時間後にはついに待ち焦がれた希の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~('-'*)エヘ

DORA麻雀とは?




おすすめ記事




posted by 適菜山山山 at 07:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。